2014年05月01日

【自民党】これは安倍ちゃんGJだねっ!2014

まずは某所で拾った安倍晋三率いる愛国自民党が増やした
国民への負担をチェックしてみよう。

■これは安倍ちゃんGJ

消費増税5%→8% (還元セール取締り,便乗値上げは放置)

所得税増税,住民税増税, 固定資産税増税

相続税増税,贈与税増税
→ 現在の最高税率50%が、2015年1月から55%

退職金の住民税控除廃止。
(退職金にかかる住民税10%の控除廃止)

年金支給0.7%減額

国民年金料引き上げ

厚生年金保険料 → 現在の17.12%が2014年10月から17.474%

高齢者医療費負担増

診療報酬引き上げ(医療費値上げ)

国民保険料高齢者引き上げ

40−64歳介護保険料引き上げ

児童扶養手当減額

石油石炭税増税ガソリン代リッター5円UP!

電力料金大幅値上げ,5月ガス料金大幅値上げ

高速料金大幅値上げ ETC割引縮小

自動車重量税増税

軽自動車税は、現在の7200円から1.5倍の10800円,
原付きバイクは倍増完全に弱い者いじめ

タバコ5%増税

株の譲渡益税 10%→20%

NHKの受信料UP

公務員給与減額停止

海外バラマキ モザンビーク700億, ASEANにODA2兆円, インドへ円借款2千億円, ミャンマーに600億円供与,ウクライナ1500億円






■検討中

消費税8%→10%

配偶者控除見直し (安部首相による強い検討指示)

法人税減税 財源に配当や売却にかかる税率の引き上げ

年金支給開始年齢の引上げ

企業側の非正規雇用規制緩和(実質賃金の低下)

移民1000万人受入れ(安部首相による強い検討指示)

年金基金で日本株アクティブ運用
(ダウが史上最高値時にあえて高リスク運用に傾倒)




blue theme.png



民主党がいよいよ自民党から政権を奪うとされた時期、選挙期間中だったと思うが、「売国ミンスが日の丸を切り裂いた!」と一斉にネットでネトウヨたちが騒ぎ出しました。結局その話は後日デマだった(切ってもいないし国旗を貼り合わせただけ)と判明。

もちろん自称愛国者・ネトウヨ達はその後も散々なウソを付き続け、売国民主党を愛国心という名の大義名分のもと、攻撃してきました。

たとえば、東日本大震災で孫正義氏が100億円の寄付を行った際も、「あの反日野郎は募金をすると言っただけで実際は何もしていない!売名行為だ!」などと誹謗中傷を繰り返していたことも記憶に新しいところです。

笑えるのは、その後。

ネトウヨ達のコミュニティで東日本大震災の募金を募ったら「一人あたり17円」だったという(笑)一向に解決しない原発問題には目もくれず、「韓国のアイドルやらドラマをゴリ押しすることは許せない!」とフジテレビに対して怒りのデモ。被災地の惨状よりもテレビ番組の監視に勤しんでいたのが自称愛顧国者たち。

彼ら御用達、愛国メディアであるチャンネル桜にいたっては被災地に乗り込み、なんと被災民に説教かますという暴挙まで行ったのでした。

自民党は再び「日本を取り戻す()」のスローガンを下、政権を奪い返しました。が、やってることは民主党以下なのです。どうやったってフォローしようがないくらい。

BSE牛の輸入再開を決断した時点で育ち盛りのお子様を持つ親は民主党以下の自民党と気づけるはずなのですが、、、普段領土を守ろうといってる輩が台湾に漁業権を授けた自民党について攻撃しないのはどういうことでしょうか?

非正規雇用の派遣労働者がどのくらい人材派遣会社からピンハネされているのか開示するしくみを作った民主党の考えを「撤回」しようとしてるのが自民党。

人身売買の会社、パソナ会長を愛国者扱いする安倍晋三政権は確実に弱者をより低い地位においやろうとしています。ありとあらゆる負担を強いているにもかかわらず、法人税減税の流れが始まっています。

もう決定していると言ってもいいでしょう。自民党清和会はメガバンク、外資の味方なのだから。彼らが消費者金融の金利を再び29,2パーセントに戻そうとするのも全て金融屋への便宜供与のため。キックバックがたんまり貰えるのでしょう。賄賂もたっぷり受け取ったのでしょう。

が、安倍政権批判をしようものなら、震災で大変な時期にアホ面で日の丸振りながらフジテレビデモをやってるようなおめでたい人達が一斉に反日工作員だ!と騒ぐので注意が必要。

彼らは当然、自民党がCIA資金で設立されたことすら知らず、ひたすら「陰謀論だから!」と否定するだけ。そもそも考える頭があるのなら、ネトウヨなんかにはならないから(笑)

【関連する記事】
posted by バリアブレイク at 08:32 | TrackBack(0) | 「ネトウヨ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。