2014年05月03日

シリーズ・安倍晋三容疑者


blue theme.png


メーデーの中央大会。こんなことがあった。

「消費税はお前が払え」というプラカードを持った男性4人に警察官が張り付き、「掲げるな」に始まり、高く掲げすぎだ、などと圧力をかけ続ける。

そして首相がマイクの前に立ち、男性らが「残業代ゼロ絶対反対!」と声をあげた途端、警察官が一斉に彼らを取り囲み、会場の外に押し出した。

なぜプラカードを掲げてはいけないのか。なぜ警察に会場から追い出されなければならないのか。何の法的ソチに基づいているのか。男性らは何度も問うたが、確たる返答はなかった。






===引用おわり===

カメラの前で不快な滑舌&アホ面で繰り返し「景気が回復している。民主党時代には無い良い手応えを感じる。」などと、まるで薬物中毒者のような浮かれた顔で意味不明な与太話を始める安倍晋三容疑者。

愛国心溢れる国士・安倍晋三容疑者の支援者は知性あふれる産経新聞(統一協会)、自民党ネットサポーターズクラブ(統一協会)、チャンネル桜(統一協会・生長の家・キリストの幕屋)、たかじんのそこまで言って委員会(日本会議、壷売りばっかりw)といったステキな面子。

愛国心に溢れすぎて吐き気がするほど。

消費税増税分で公務員の給料アップ。「消費税分を社会保障費に全額充当にします」という自民党が国民に約束した話を無しにした。つまり国民は思い切りバカにされた、ということ。追い打ちを掛けるように民間給与は歴史的な下落。にもかかわらず、なぜか世論調査で安倍晋三容疑者の支持率は高水準。

2014年、5月1日・メーデーの日に起こった’残業代ゼロ’の意見を警察を使って堂々と妨害。安倍晋三容疑者の仕事の成果を象徴する出来事となりましたとさ。民間労働者の意見など単なるノイズでしかなく、国家のシステムは全てごく一部の特権階級様の為に存在するという現実が改めて明らかになった。

過去にも安倍晋三容疑者に対して反対の声をあげた人が安倍晋三容疑者の取り巻き達に囲まれ、身元を調べ上げられたのち、職場に所有物を返却される嫌がらせを受けた、、、なんてこともあったので あまり驚くことでは無いのです。

弱者を切り捨て、平均的な生活をしている層を下流に叩き落とし、社会保障を意図的に削り、平和憲法を破棄し、徴兵制の検討に入るのは全て戦争で一儲け出来るごく一部の特権階級の為。

財政危機の元凶の税金の無駄遣いなんてどうでもいい。ケツを拭くのは非特権階級。甘い汁を吸うのは特権階級。明治維新以降のパワーバランスのまま。過去の大戦も徴兵制を逃れたのは官僚、皇族といった権力に近い層のみ。

国の借金が1000兆円を超えたのはつい最近のこと。増え続ける借金の利息を払うだけでやっとの状態。どうやって国の借金を返済する?「今までどうやって解決してきたか」を知ってる人なら解かる話。


blue theme.png



今現在、平和憲法を破棄することを半数以上が反対してる。でも相手は日本の特権階級が期待する安倍晋三容疑者。全く問題なく世論の風向きなど変えられるはず。

自作自演のテロでも起こして改憲世論を大幅に盛ればいいだけ。真珠湾攻撃のアレでルーズベルトがやったアレと同じように一芝居打つのは明白。非特権階級の若者に武器弾薬を持たせボロ儲け。テレビでもネットでも嫌韓・嫌中感情を煽ってきた。

小泉改革を大賛成していた大谷昭宏・青山繁晴がその典型例。

財界、宗教屋の紐付きのマスコミ御用言論人が日本は素晴らしいと宣伝し(同時に隣国への憎悪を煽る。)改憲への流れ&戦争世論を何年も前から煽ってる。この輩は民間給与を大幅に下げ、役員報酬・株主配当金を倍増させる小泉改革を支持していた時点で素性ばバレている。

単なる財界の犬。WW2で一儲けした連中のパペット。上のグラフをよく見てみれば労働者を露骨に搾取しはじめたのはどういう事か、今後何が起こるのか、青山繁晴ら既存マスコミがどういう意図を持っているのか、、、バカでも気づけると思う。

民間労働者を一方的に搾取し、理不尽な外資優遇政策を勧める政治家を支援しているのはほかならぬ新興宗教の勢力。新興宗教=財界側だと気づかないと本当にポアされるよ?(笑)


特権階級 = https://www.youtube.com/watch?v=Zs0Kbznjam8

【関連する記事】
posted by バリアブレイク at 15:51 | TrackBack(0) | 政官財カルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396157017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。